• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100001

Excelで時間計算した時、1分、合わず、間違って計算されてしまう

労働基準法(労基法);

Excel; エクセル; 給与計算; 時間計算; System;

有効期間:

更新日:

Wed Aug 15 2018 13:45:19 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

エクセルで時間計算をすると、たまに計算が1分合わなくなることがあるが、どのように直せばよいか?例えば、30時間から28時間34分を引くと1時間26分になるはずが、1分ずれて1時間25分になってしまう。

Excelで時間計算した時、1分、合わず、間違って計算されてしまう

スポンサーリンク

Excelで時間計算した時、1分、合わず、間違って計算されてしまう

スポンサーリンク

この記事はExcel2013をもとに書かれています。

 

​サンプルExcelファイルを参照する場合はダウンロードから入手してください。

Excelで時間を計算した時に1分ずれて給与計算システムと計算が合わない場合には、セルに表示されている時間が端数処理されている(ただし計算上、秒単位まで計算されている)可能性があります。セルに表示されている時間で計算したい場合は、以下のようにTEXT関数とVALUE関数を使うことによって表示されている時間で計算することができます。
 

=VALUE(TEXT(セル, "[h]:mm"))


例えば、
 

  • 月所定労働日数が21日

  • 労働条件通知書に記載されているみなし残業時間/月が30:00

  • 労働条件通知書に記載されているみなし残業代/月が90,000円

  • 就業規則に、欠勤した日数に比例してみなし残業時間/月が減少する記載あり


という場合、上記内容から計算したみなし残業代時給は3,000円となります。

そして欠勤日数に比例して、みなし残業時間/月(とみなし残業代/月)が減っていくことになります。

1日欠勤した場合、この月のみなし残業時間/月は

28:34=30:00÷21×(21-1)

で、その月に実際に30時間残業していたら1:26の残業代を支給すべきところエクセルで計算すると1:25となってしまいます。

そこでTEXT関数とVALUE関数で表示されている時間通りに計算します。

意図通り30:00ー28:34=1:26とするには

=VALUE(TEXT("30:00", "[h]:mm"))-VALUE(TEXT("28:34", "[h]:mm"))

としてください。

スポンサーリンク

関連記事

なし

情報提供

メイトー社会保険労務士事務所

Excel VALUE関数で補正あり.png