• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100004

発熱や呼吸器症状等のインフルエンザ様症状を呈した労働者にはどのような注意をすればよいですか?また、労働者がインフルエンザと診断されましたが、新型インフルエンザ(A/H1N1)と確定されない場合、どのような対応をしたらよいのでしょうか?

労働安全衛生法(安衛法);

新型インフルエンザ(A/H1N1);

有効期間:

更新日:

Wed Feb 28 2018 08:03:23 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

発熱や呼吸器症状等のインフルエンザ様症状を呈した労働者にはどのような注意をすればよいですか。また、労働者がインフルエンザと診断されましたが、新型インフルエンザ(A/H1N1)と確定されない場合、どのような対応をしたらよいのでしょうか。

発熱や呼吸器症状等のインフルエンザ様症状を呈した労働者にはどのような注意をすればよいですか?また、労働者がインフルエンザと診断されましたが、新型インフルエンザ(A/H1N1)と確定されない場合、どのような対応をしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

回答

発熱や呼吸器症状等のインフルエンザ様症状を呈した労働者にはどのような注意をすればよいですか?また、労働者がインフルエンザと診断されましたが、新型インフルエンザ(A/H1N1)と確定されない場合、どのような対応をしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

基礎疾患を有しない方については、本人の安静のため及び新たな感染者をできるだけ増やさないために外出を自粛し、抗インフルエンザウイルス薬の内服等も含め、医師の指導に従って自宅において療養してもらうことが適当です。

しかしながら、次のような症状を認めるときは、すぐに医療機関を受診するよう、周知してください。

○呼吸困難または息切れがある
○胸の痛みが続いている
○嘔吐や下痢が続いている
○3日以上、発熱が続いている
○症状が長引いていて悪化してきた
○症状が急速に悪化してきた

基礎疾患を有する方(※)や妊婦等については、軽症であっても早期にかかりつけ医等に電話をし、又は医療機関を受診して、抗インフルエンザウイルス薬の内服等も含め、医師の指導に従って療養してもらうことが適当です。

※基礎疾患を有する方:慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、慢性腎疾患、慢性肝疾患、神経疾患・神経筋疾患、血液疾患、糖尿病、疾患や治療に伴う免疫抑制状態、小児科領域の慢性疾患を有しており治療経過や管理の状況を勘案して、医師により重症化リスクが高いと判断される方等

なお、平成21年10月30日現在、医療機関においては、新型インフルエンザか否かの確定検査は原則として行っておりませんので、インフルエンザと診断された場合は、新型インフルエンザと確定されない場合でも、上記の対応を参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事

100003~100015

情報提供

厚生労働省(厚労省)