• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100011

新型インフルエンザに感染している疑いのある労働者について、一律に年次有給休暇を取得したこととする取扱いは、労働基準法上問題はありませんか?病気休暇を取得したこととする場合はどうですか?

労働安全衛生法(安衛法); 労働基準法(労基法);

新型インフルエンザ(A/H1N1); 有給休暇; 有休;

有効期間:

更新日:

Wed Feb 28 2018 08:18:09 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

新型インフルエンザに感染している疑いのある労働者について、一律に年次有給休暇を取得したこととする取扱いは、労働基準法上問題はありませんか?病気休暇を取得したこととする場合はどうですか?

新型インフルエンザに感染している疑いのある労働者について、一律に年次有給休暇を取得したこととする取扱いは、労働基準法上問題はありませんか?病気休暇を取得したこととする場合はどうですか?

スポンサーリンク

回答

新型インフルエンザに感染している疑いのある労働者について、一律に年次有給休暇を取得したこととする取扱いは、労働基準法上問題はありませんか?病気休暇を取得したこととする場合はどうですか?

スポンサーリンク

年次有給休暇は原則として労働者の請求する時季に与えなければならないものですので、使用者が一方的に取得させることはできません。事業場で任意に設けられた病気休暇により対応する場合は、事業場の就業規則等の規定に照らし適切に取り扱ってください。

スポンサーリンク

関連記事

100003~100015

情報提供

厚生労働省(厚労省)