• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100015

医療に従事する労働者が、新型インフルエンザの予防接種を受けたことで健康に被害が生じた場合は、労災保険給付の対象となるのでしょうか?

労働安全衛生法; 労働者災害補償保険法(労災保険法);

新型インフルエンザ(A/H1N1); 有給休暇; 有休;

有効期間:

更新日:

Wed Feb 28 2018 08:18:09 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

医療に従事する労働者が、新型インフルエンザの予防接種を受けたことで健康に被害が生じた場合は、労災保険給付の対象となるのでしょうか?

医療に従事する労働者が、新型インフルエンザの予防接種を受けたことで健康に被害が生じた場合は、労災保険給付の対象となるのでしょうか?

スポンサーリンク

回答

医療に従事する労働者が、新型インフルエンザの予防接種を受けたことで健康に被害が生じた場合は、労災保険給付の対象となるのでしょうか?

スポンサーリンク

医師、看護師等の医療に従事する労働者については、今般の優先接種の取扱いに伴い、必要な医療体制を維持する観点から、業務命令等に基づいて予防接種を受けざるを得ない状況にあると考えられますので、予防接種が原因となって健康被害が生じた場合には、その予防接種が明らかに私的な理由によるものと認められる場合を除いて、原則として労災保険給付の対象となります。

スポンサーリンク

関連記事

100003~100015

情報提供

厚生労働省(厚労省)