• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100094

勤務地毎に単価が異なる場合の固定的賃金の変動について

健康保険法(健保法); 厚生年金保険法;

疑義照会回答; 適用; 被保険者報酬月額変更届(月変);

有効期間:

更新日:

Wed Feb 28 2018 08:18:10 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

警備保障会社に勤務する被保険者に支払われる報酬(日額)について、その単価が勤務する現場によって異なる場合は、固定的賃金の変動として取り扱えるでしょうか。

<事例>
報酬日額は次のとおりで、同一月内に現場1~4に不規則に勤務する。
被保険者A 被保険者B
現場1 5,950円 6,300円
現場2 5,600円 5,460円
現場3 5,250円 5,250円
現場4 5,300円 5,300円

単価の高い現場に多く勤務した月と、その逆に単価の低い現場に多く勤務した月では、1月の報酬合計の差が大きくなり、3ヵ月平均で2等級以上の差が生じることがあります。このようなときに、固定的な賃金の変動があったとして、月額変更届を提出することになるのでしょうか。
また、本件のように現場毎に単価が異なるとき、固定的賃金の変動として考えられるのはどのようなときでしょうか。

勤務地毎に単価が異なる場合の固定的賃金の変動について

スポンサーリンク

回答

勤務地毎に単価が異なる場合の固定的賃金の変動について

スポンサーリンク

本件については、現場毎の単価に変動がなく、勤務を命じられた各現場での勤務回数によって起こった金額の変動であるので、固定的賃金の変動には当たらず、随時改定には該当しません。

各現場の報酬日額単価が変動した場合や、就業規則等で定められた勤務形態が変更した場合(複数の現場から単独の現場のみとなった場合等)には固定的賃金の変動に当たり、要件を満たせば随時改定に該当します。

スポンサーリンク

関連記事

100073~100104

情報提供

日本年金機構(年金事務所)