• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100225

管理職が部下からパワハラの相談を受けた時

労働契約法(労契法);

パワーハラスメント; パワハラ; 人事担当の方向け;

有効期間:

更新日:

Wed Feb 28 2018 08:32:28 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

管理職が部下からパワハラの相談を受けた時、どのように対応すればよいでしょうか 。

管理職が部下からパワハラの相談を受けた時

スポンサーリンク

回答

管理職が部下からパワハラの相談を受けた時

スポンサーリンク

管理職が部下から相談を受けたり、部下のメンタルヘルス不調に気づいたりする機会が多いので、その対応が解決への重要なポイントとなります。

①相談者や関係者への印象や先入観を捨て、公正中立な姿勢で受け入れ、プライバシーを尊重し秘密を厳守する。

②相談者がどのような解決を望んでいるかを把握し、尊重する。

③問題をもみ消そうとしたり相談者を責めるような言動は厳禁。

④対応が困難と思われる場合は専門家につなげる。

⑤相談者にメンタルヘルス不調の兆候が見られる場合は、心療内科等の受診を促す、行為者から避難させるなど早急に対処する。

※メンタルヘルスの問題については、「こころの耳(働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト)」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事

100210~100230

情報提供

厚生労働省