• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100228

パワハラ行為者に事情を聴く場合

労働契約法(労契法);

パワーハラスメント; パワハラ; 人事担当の方向け;

有効期間:

更新日:

Wed Feb 28 2018 08:32:28 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

パワハラ行為者に事情を聴く場合、どのような対応をしたらよいのでしょうか。

パワハラ行為者に事情を聴く場合

スポンサーリンク

回答

パワハラ行為者に事情を聴く場合

スポンサーリンク

①行為者への面接の実施や方針については、必ず相談者の同意をとる。

②面接の目的を説明し、行為者の同意を得る。

③プライバシー保護を伝える。

④名誉や尊厳を傷つけないよう留意し、加害者という決めつけや悪人扱いするような態度をとらない。

⑤弁明の機会は十分に与える。

⑥担当者は、虚偽や隠ぺいは許さないという毅然とした態度をとる。行為者に対して、相談者の割り出しや当事者同士で話し合う等の行為を禁止する。

※行為者聞き取り票例はこちらへ

スポンサーリンク

関連記事

100210~100230

情報提供

厚生労働省