• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100233

仕事中、または通勤中の事故によるケガの治療のために会社を休んだ場合

労働者災害補償保険法(労災保険法);

業務災害(仕事中); 通勤災害(通勤中);

有効期間:

更新日:

Mon Mar 05 2018 06:49:03 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

仕事中、または通勤中の事故によるケガの治療のために会社を休んだ場合、どのような補償が受けられるのでしょうか。また、その休業補償はいつまでもらえるのですか。

仕事中、または通勤中の事故によるケガの治療のために会社を休んだ場合

スポンサーリンク

回答

仕事中、または通勤中の事故によるケガの治療のために会社を休んだ場合

スポンサーリンク

療養のために仕事を休み、賃金を受けていない場合、休業(補償)給付を受けることができます。

・いつから・・・休業した4日目から
・いくら・・・1日につき、給付基礎日額(※)の80%
(保険給付60%+特別支給金20%)

※「給付基礎日額」は、原因となった事故直前3か月分の賃金を暦日数で割ったもの(平均賃金)です。

(例)月20万円の賃金(賃金締切日は毎月末日)で、10月に事故が起こった場合
20万円×3か月÷92日[7月(31日)+8月(31日)+9月(30日)]≒6,522円
6,522円×80%≒5,217円
→ 休業1日につき給付基礎日額の80%にあたる5,217円が支給されます。

休業(補償)給付
<支給要件>
①~③のすべての要件を満たす必要があります。
① 業務上の事由または通勤による負傷や疾病による療養であること
② 労働することができないこと
③ 賃金を受けていないこと

(療養開始後1年6ヶ月経過し、その負傷又は疾病が治っておらず傷病等級表の傷病等級に該当する程度の障害がある場合は、傷病(補償)年金が支給されます。)

<支給内容>
休業4日目から、休業1日につき給付基礎日額の80%(保険給付60%+特別支給金20%)が支給されます。

<請求方法>
本人が、直接、労働基準監督署に請求書を提出

<留意点>
休業初日から3日目までは労災保険からの支給はありません。この間は、業務災害の場合、事業主が休業補償(1日につき平均賃金の60%)を行うことになります。

時効・・・賃金を受けない日ごとに請求権が発生し、その翌日から2年

スポンサーリンク

関連記事

100231~100245

情報提供

厚生労働省

厚生労働省