• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100235

仕事や通勤が原因で親族が亡くなる前に治療や休業をしていた場合

労働者災害補償保険法(労災保険法);

業務災害(仕事中); 通勤災害(通勤中);

有効期間:

更新日:

Wed Feb 28 2018 08:32:28 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

仕事や通勤が原因で労働者が亡くなる前に治療や休業をしていて、労災による保険給付を受けることができた方が、給付を受ける前に亡くなった場合、誰かが代わりに受けることはできないでしょうか。

仕事や通勤が原因で親族が亡くなる前に治療や休業をしていた場合

スポンサーリンク

回答

仕事や通勤が原因で親族が亡くなる前に治療や休業をしていた場合

スポンサーリンク

保険給付を受ける権利を有する方が亡くなったとき、その亡くなった方に

① 支給事由は生じたが、まだ請求のない保険給付
② 請求したが、まだ支給決定がない保険給付
③ 支給決定はあったが、まだ支払われていない保険給付

がある場合は、その方の遺族で一定の要件を満たす方が、保険給付及び特別支給金を受けることができます。(未支給の保険給付)

未支給の保険給付・特別支給金
<請求できる遺族>
①と②の両方の要件を満たす場合に請求することができます。

① 亡くなった受給権者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹
② 受給権者の亡くなった当時、その方と生計を同じくしていたこと(必ずしも同居している必要は
ありません)

なお、①②の要件を満たす方がいない場合は、相続人が請求することができます。

<遺族(補償)年金を受けていた人が亡くなった場合>
請求できる遺族・・亡くなった労働者の遺族(配偶者・子・父母・孫・祖父母、兄弟姉妹)のうち、次順位の受給資格者(年金を受けていた人の配偶者などではありません)

<請求方法>
遺族が、直接、労働基準監督署へ請求書を提出

時効・・・それぞれの保険給付と同じ

<関連する保険給付>
療養(補償)給付、休業(補償)給付、障害(補償)給付、傷病(補償)年金、遺族(補償)給付

スポンサーリンク

関連記事

100231~100245

情報提供

厚生労働省