• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100243

相手が分からない通勤中の事故や、いつもと違う通勤経路での通勤災害(労災)の場合

労働者災害補償保険法(労災保険法);

業務災害(仕事中); 通勤災害(通勤中);

有効期間:

更新日:

Wed Feb 28 2018 08:32:28 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

次のような場合、労災保険から給付が受けられるでしょうか。

①通勤中に自転車とぶつかり怪我をしました。相手がだれなのか分かりません。
②いつもと違う道を通って会社へ向かう途中ケガをしました。

相手が分からない通勤中の事故や、いつもと違う通勤経路での通勤災害(労災)の場合

スポンサーリンク

回答

相手が分からない通勤中の事故や、いつもと違う通勤経路での通勤災害(労災)の場合

スポンサーリンク

①労災保険から給付が受けられます。

②一定の要件を満たせば保険給付の対象となります。

通勤災害について
通勤災害とは、「通勤」による労働者の傷病などをいいます。

「通勤」とは、労働者が、就業に関する①~③の移動を合理的な経路・方法により行うことをいいます(業務の性質を有する移動は除く)。

① 住居と就業の場所との間の往復
② 厚生労働省令で定める就業の場所から他の就業の場所への移動(複数就業者の事業場間の移動)
③ ①の往復に先行、または後続する移動(厚生労働省令で定める要件に該当するものに限る)

<支給内容>
業務災害の場合と同様
(休業給付については、一部負担金として初回の給付額から200円が控除されます)

<請求方法>
業務災害の場合と同様
添付書類:事故証明書(交通事故の場合)など

スポンサーリンク

関連記事

100231~100245

情報提供

厚生労働省