• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100284

賃金計算期間が複数ある場合の法定割増賃金率

労働基準法(労基法);

法定割増賃金率(法定割増賃金率(法第37条第1項ただし書及び第138条並びに改正法附則第3条第1項関係);

有効期間:

2010年(平成22年)4月1日~

更新日:

Wed Mar 21 2018 04:56:59 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

法第37条第1項ただし書の「1箇月」の起算日を「賃金計算期間の初日」としている場合であって、割増賃金の計算期間と、それ以外の基本給等の計算期間が異なる場合は、当該起算日は「割増賃金の計算期間の初日」と解して差し支えないか。

賃金計算期間が複数ある場合の法定割増賃金率

スポンサーリンク

回答

賃金計算期間が複数ある場合の法定割増賃金率

スポンサーリンク

貴見のとおり。

スポンサーリンク

関連記事

「法」「限度基準」「則」はkb100274の回答をご覧ください。

情報提供

厚生労働省