• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100291

代替休暇の半日の定義

労働基準法(労基法);

代替休暇(法第37条第3項関係);

有効期間:

2010年(平成22年)4月1日~

更新日:

Wed Mar 21 2018 04:57:12 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

代替休暇の単位は1日又は半日とされており、この半日の定義については事業場によって異なると考えられるが、具体的な例はどのようなものか。

代替休暇の半日の定義

スポンサーリンク

回答

代替休暇の半日の定義

スポンサーリンク

半日とは原則的には所定労働時間の二分の一を意味するが、必ずしも厳密に一日の所定労働時間の二分の一とする必要はなく、例えば、午前(9:00~12:00)と午後(13:00~17:00)という分け方でも差し支えない。その場合は、労使協定において半日の定義を定めておく必要がある。

スポンサーリンク

関連記事

「法」「限度基準」「則」はkb100274の回答をご覧ください。

情報提供

厚生労働省

代替休暇の半日の定義