• Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Google+の - ブラックサークル

KB

100320

事業を廃止・休止したとき、または雇用する労働者がいなくなったときの労働保険と雇用保険の手続き

雇用保険法; 労働保険の保険料の徴収等に関する法律(徴収法);

雇用保険事務手続きの手引き; 第3章適用事業所についての諸手続き;

有効期間:

2018年(平成29年)8月版

更新日:

Thu Mar 29 2018 12:39:54 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)

​質問

会社(事業)を廃止・休止したとき、または雇用する労働者がいなくなったとき労働保険と雇用保険は何を提出すればよいか。

事業を廃止・休止したとき、または雇用する労働者がいなくなったときの労働保険と雇用保険の手続き

スポンサーリンク

事業を廃止・休止したとき、または雇用する労働者がいなくなったときの労働保険と雇用保険の手続き

スポンサーリンク

記入例はダウンロードから入手してください。

(1)労働保険関係
・提出書類・・・・・「労働保険確定保険料申告書(納付書)」
・提出期日・・・・・事業を廃止した日の翌日から50 日以内
・提出先・・・・・・・次の①または②のとおり
① 一元適用事業所は、黒色と赤色で印刷された申告書(納付書)を、労働局、労働基準監督署又は金融機関へ申告、納付してください。
② 二元適用事業所は、雇用保険はふじ色と赤色で印刷された申告書(納付書)を労働局又は金融機関へ、労災保険は黒色と赤色で印刷された申告書(納付書)を労働局、労働基準監督署又は金融機関へ、それぞれ申告、納付してください。
・持参するもの・・添付書類については各提出先にご確認ください。

(2)雇用保険関係
・提出書類・・・・・「雇用保険適用事業所廃止届」
・提出期日・・・・・廃止した日の翌日から10 日以内
・提出先・・・・・・・事業所の所在地を管轄するハローワークへ提出してください。
・持参するもの・・・・・登記事項証明書、閉鎖謄本、労働者名簿、出勤簿など廃止の事実が確認できる書類
・その他の手続き・・・雇用保険被保険者資格喪失届および雇用保険被保険者離職証明書を同時に作成し、提出してください。


以下のいずれかに該当する場合も、事業所廃止届をご提出ください!
① 事業は継続しているが、雇用する被保険者が「0」になり、被保険者になる労働者を雇用する見込みがないとき。
② 事業を休止し、再開する見込みがないとき。

スポンサーリンク

関連記事

100317

情報提供

厚生労働省